南三陸トリビア

絆の意味

2012年5月25日

絆の意味

おらほさきてけさいん
(=私のところに来てください)でお馴染みの
南三陸町の北・歌津半島の旅館「ニュー泊崎荘」にある
「Patisserie Kuriko(パティスリークリコ)」のパティシエール・高橋宮倫子さんです。

絆ロールケーキの制作・販売を通じて、
地元の復興に貢献したいと日々奮闘しておられる宮倫子さんが、震災から8ヵ月後の思いを語られている動画をご紹介致します。

以下、動画内でのメッセージ全文です。

宮倫子さんが語る「絆の意味」

震災から8ヶ月経ち、
絆、絆って言ってきましたけど、
本当の絆の意味が最近わかった気がしてきて、

絆によって、まず自分が最初に夢を持って、
それに、応援してくれる仲間がいたり、家族がいたりっていう人たちを
心から愛して笑顔にしていきたいなって思いました。

関連サイト

南三陸deお買い物


ニュー泊崎荘

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

きのぷー

2010年南三陸町初訪問。震災後もボランティア活動等を通じて地元との交流を重ね、2012年4月より「いいね!南三陸町」をスタート。町内各地を訪ねて見つけた町の魅力を伝えます。

-南三陸トリビア
-, , ,