南三陸トリビア

魚つき保安林

2012年8月28日

南三陸トリビア
きのぷー
歌津崎周辺は魚つき保安林(うおつきほあんりん)となっています。沿岸部の港町・南三陸町では魚つき保安林が何ヶ所かあります。

魚つき保安林とは…?

水産庁ホームページによりますと

森林法において、水源のかん養、土砂災害の防備など、特定の公共目的の達成のために指定される森林を「保安林」といいます。

17種類の保安林の種別の中には、「魚つき保安林」という日本独自の保安林区分が設けられています。全保安林に占める割合は少ないですが、平成17年3月現在、全国で5.4万haが指定されています。

とのこと。

歌津崎の「魚つき保安林」説明看板

魚つき保安林について

森林は魚たちの生育や繁殖を助けます。
保安林100周年記念

 海に住む魚たちにとって、海辺にある森林は、とても大切です。
 木陰は、直射日光を遮断し、水温が変化するのを防いでくれます。また、大雨が降っても、たくさんの土砂が水と一緒に流れて海が濁ることもなく、魚たちは安心して住むことが出来ます。
 このような森林の働きを発揮させるために指定しているのが、
「魚つき保安林」です。

平成9年度 宮城県

歌津崎周辺の保安林マップ

歌津崎周辺の保安林マップ

地図を拝見するに、岬の周囲は風致保安林、北側の沿岸が魚つき保安林のようです。

神割崎キャンプ場周辺も魚つき保安林に指定されています。

神割崎の「魚つき保安林」説明看板

魚つき保安林についてin神割崎

魚つき保安林
この保安林は、志津川湾の魚類のせい息と繁殖に役立っています。

森林は、水中にほどよい日影をつくることや、木についた虫、地中に蓄えた養分などを魚のえさとして提供すること、さらに海水をきれいに保つなど、魚類にとってすみよい環境を与えています。

この保安林は、これらの昨日を高めるため、特に指定された保安林です。
保安林内においては、次の行為は知事の許可を受けなければなりません。
一、立木竹の伐採及び立木の損傷
二、土石の採取及び樹根の採掘
三、その他土地の形質を変更する行為

森林は国の宝です。保護育成に努め、後世に引き継いで行きましょう。

たきび・たばこの吸殻や、ごみの投げ捨てに注意し、樹木を大切に育てましょう。

平成4年度設置 宮城県


看板設置はこっちのほうが早かった。。。

関連サイト

森林総合研究所(「森林の多面的機能」解説シリーズ)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

きのぷー

2010年南三陸町初訪問。震災後もボランティア活動等を通じて地元との交流を重ね、2012年4月より「いいね!南三陸町」をスタート。町内各地を訪ねて見つけた町の魅力を伝えます。

-南三陸トリビア
-, , , ,

© 2012 いいね!南三陸町