南三陸トリビア

『南三陸から 2011.3.11~2011.9.11』

2012年5月28日

『南三陸から 2011.3.11~2011.9.11』
きのぷー
地元・南三陸町で写真館を営まれている佐藤信一さんが、3.11当日から半年間の記録を綴った写真集『南三陸から 2011.3.11~2011.9.11』です。

この写真集の売り上げ1冊につき、300円が南三陸町へ義援金として寄付されます。

表紙に書かれているのは信一さん直筆のメッセージ。
一言、ひと言がグッときますね。

あの日以来、多くの人たちが南三陸を訪れて、心を繋いでくれています。本当に心から感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
私は町の小さな写真屋の二代目。皆さんに支えられて今日まで頑張ってこれました。
先日、私の撮影した昔の町並の写真を見てた方が泣いていた。
ガレキの中から探しだした一枚の写真を渡しに見せ「これでまた生きて行けるよ」と大切に胸にしまった人もいた。ホント写真の力ってすごいなと感じた。
私の店も家もすべて流されたけど、この町に生かされた写真屋ができる事。それはやはり写真で恩返しする事。そう強く感じています。
写真はありのままを写す。時に辛い場面も写し出す。だから喜びも悲しみも心を込めてシャッターを切ろう。そう心に決めました。
かけがえのないふるさとと人々の心の強さ、あたたかさを伝える為に。今を写せば未来へ繋がる。写真の力を信じて...

頑張ろう 南三陸 佐藤信一

きのぷー
「21世紀は写真の時代、宣伝の時代だ。写真で宣伝していくんだ」

今から20年近く前、学生時代に恩師から学んだ言葉です。
本当にその通りの時代になりました。
私も写真の力を強く確信しているひとりです。

「心を込めてシャッターを切ろう。」

信一さんには遠く及びませんが、
この思いを忘れずに心を込めてシャッターを切り続けていけば、真心は必ず通じると信じています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

きのぷー

2010年南三陸町初訪問。震災後もボランティア活動等を通じて地元との交流を重ね、2012年4月より「いいね!南三陸町」をスタート。町内各地を訪ねて見つけた町の魅力を伝えます。

-南三陸トリビア
-, , , ,

© 2012 いいね!南三陸町