南三陸トリビア

南三陸町のカントリーサイン

2019年11月30日

南三陸町のカントリーサイン

都道府県市町村の境界付近の道路上に設置されるカントリーサイン。
南三陸町はどのようなものか確認してみましょう。

羽沢峠

羽沢峠のカントリーサイン

海に浮かぶ船の絵。実はこれ、旧志津川町時代の名残です。

国道398号(戸倉寺浜)

国道398号東側のカントリーサイン

国道398号、石巻市北上町との境界のカントリーサイン。旧志津川町時代からあったもので、南三陸町に上書きされているのが丸わかり。

国道398号(入谷岩沢)

国道398号西側のカントリーサイン

国道398号、登米市東和町米谷との境界のカントリーサイン。ここが一番サイズが大きいと思われます。

国道45号 歌津草木沢

歌津草木沢のカントリーサイン

ウタツサウルスの絵は旧歌津町時代の名残です。

宮城県道206号馬籠志津川線(歌津払川)

国道398号西側のカントリーサイン

宮城県道206号、歌津払川と本吉町牛王野沢(ごおうのさわ)との境界にあるカントリーサイン。ここには例の「南三陸町ようこそ/またのおこしを」看板はありません。さすがに置けないっしょ。

他にも何箇所かありますので、確認次第アップデートします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

きのぷー

2010年南三陸町初訪問。震災後もボランティア活動等を通じて地元との交流を重ね、2012年4月より「いいね!南三陸町」をスタート。町内各地を訪ねて見つけた町の魅力を伝えます。

-南三陸トリビア
-,

© 2012 いいね!南三陸町