入谷地区

三峰山(みつみねさん)

2014年5月14日

三峰山(みつみねさん)

南三陸町入谷地区山の神平。
元々は残谷(のこりや)と呼ばれている集落にある山です。
神行堂山から桵葉川を挟んだ対岸に見えます。

全国各地にこの名を冠した山はいくつもありますね。
みつみねさん、みつみねやま、さんぽうざん、みうねやまと様々。

南三陸町は「みつみねさん」と呼ぶようです。

穏やかな姿の山で、
標高は296メートルとそれほど高くはありませんが、
ひと目見れば三峰山とわかる個性的な山容は、入谷地区の他の山々に決してひけをとりません。

バーチャルミュージアム曰く、
「みつみねさん」はオオカミの神(あるいはオオカミを使いとする神)で、
地元の青年たちが夜中に山頂に集まり
奥山に棲むオオカミに呼びかけてお供えを捧げるという祭りが
戦前まで行われていたのだとか。

アクセス

写真撮影ポイント


山から離れたところでズームレンズを使いました。

三峰山の場所


山頂付近にマークを付けました。
全体マップのため、大変お手数ですが、
「神行堂山麓の巨石」の左側のマークをご確認下さい。。

関連サイト

バーチャルミュージアム(自然の輝→恵みの山々→三峰山)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

きのぷー

2010年南三陸町初訪問。震災後もボランティア活動等を通じて地元との交流を重ね、2012年4月より「いいね!南三陸町」をスタート。町内各地を訪ねて見つけた町の魅力を伝えます。

-入谷地区
-, , ,