入谷地区

ひころの里

2013年1月11日

ひころの里

志津川市街地から車でおよそ10分の入谷地区の丘の上に「ひころの里」があります。
「ひころ」とは入谷地区の伝統芸能である打囃子の題の一つで、ひかりを意味するそうです。

丘の上の広場までは無料で入場できますが、屋敷内及び各種体験は有料です。
開館時間:9:00~17:00(11~3月は16:00閉館)
休館日:毎週火曜日(祝日除く)
入館料:大人一般400円(高校生240円、小中学生160円、団体割引あり)
お問い合わせ:ひころの里管理事務所 0226-46-4310

松笠屋敷

松笠屋敷

松笠屋敷

ひころの里の敷地内にある幕末郷士・須藤家の居宅であった松笠屋敷の前です。町の歴史的遺産と言っても過言ではないでしょう。

松笠屋敷前の樅の木

松笠屋敷前の樅の木

日本特産の常緑針葉樹。葉は長さ2〜3センチで、若木の葉は先が深く二裂しています。5月ごろに開花し、雄花は黄緑色、雌花は緑色です。この樅の木は須藤家がこの地に移築した当時に植えられたものと伝えられ、樹齢は200年をこえると言われております。

樹高:32メートル 胸高周:4.8メートル

シルク館

シルク館

COMING SOON

ひころの里 ここがポイント!

志津川美帆
さんさん商店街から車でおよそ10分。入谷地区の丘の上にあります。
松笠屋敷と樹齢200年の樅の木にも注目!
まゆ細工やそば打ちなど、入谷ならではの様々な体験ができるのが魅力☆是非一度足を運んでみて下さい☆

ひころの里 アクセス

南三陸さんさん商店街より車で約8分

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

きのぷー

2010年南三陸町初訪問。震災後もボランティア活動等を通じて地元との交流を重ね、2012年4月より「いいね!南三陸町」をスタート。町内各地を訪ねて見つけた町の魅力を伝えます。

-入谷地区
-, , , ,

© 2012 いいね!南三陸町