南三陸の小ツボ

町では○○で呼ぶのが常識!?

2013年1月13日

町では○○で呼ぶのが常識!?

南三陸町とかかわりを持つようになって、ひとつ気になってたことがありました。

それは

同じ苗字の人がやたら多い

ということでした。

どの苗字がどれぐらい多いのかを調べるために

同姓同名探しと名前ランキング」というウェブサイトを使ってみました

これは、電話帳の掲載件数をもとに、該当する人数を探し出すものです。

このサイトでも断りがありますが一般に世帯主が掲載されるゆえ、女性の名前や今どきの珍しい名前などはあまり該当しない点、実際の人口の数を表しているわけではなく、ましてや、昨今は電話帳に登録する方自体も減っている。

それでも、大まかなパーセンテージは変わらないでしょう。

ということで、南三陸町の名字ランキング上位20は以下の通り。

1位 佐藤 673
2位 阿部 484
3位 三浦 266
4位 高橋 254
5位 及川 234
5位 山内 234
7位 千葉 228
8位 菅原 179
9位 佐々木178
10位 渡辺 132
11位 遠藤 131
12位 西城 115
13位 小野寺 80
14位 後藤  78
15位 小山  76
16位 須藤  73
17位 首藤  60
18位 芳賀  53
19位 鈴木  50
20位 畠山  45

南三陸町の推計人口は2012年4月現在で約15,000。上位20だけ計算しても3600世帯ちょっと。
そうなると

「南三陸町の佐藤さん」

と言われても、誰のことだかわからない。
佐藤さん町内に多すぎてピンときません。

佐藤仁町長が有名ですが、
地元では何百人と佐藤さんがいるわけで大変です。

2位の阿部さんもそう。
知名度のある方はともかく、阿部さんとだけ言われても

どこの阿部さんやねん!!!

ってなる。

3位の三浦さんもしかり。
8位の菅原さんも何気に多い。
極めつけは16位と17位の須藤さんと首藤さん


すどうさん?
すとうさん?
しゅどうさん?
しゅとうさん?
・・・あ゛あ゛~~まぎらわし×◎△■※☆◇q〒XG

・・・って頭の中がぐちゃぐちゃになる前に。

そこで、今日の「小ツボ」覚えてください。

町内ではファーストネームで呼ぶのが常識!

しかも

年上にちゃん付けも有り得る。

というのも、町内の一つの地区で、ある特定の苗字が大多数を占めている場所もあって、なおかつ全員が親戚や身内でもないというケースもあるため、「南三陸町の○○(苗字)さん」とだけいきなり言われても困るケースが非常に多いのだとか。

とはいえ、初対面でいきなりファーストネームで呼ぶわけにはいきませんから、せめてフルネームでお呼びしてはいかがでしょうか。

町の皆さんがお互い下の名前で呼び合っているのは、仲が良い場合もあるにせよ、そういう町の事情があることは覚えておいて損はないでしょう。

あと、お店を経営されている場合ですと屋号や店の名前のほうが手っ取り早いでしょう。
「さかなのみうら」さん、「パティスリーくりこ」さん、のように。

タクシーや郵便物でも

おらほさきてけさいんのところ

って言ったほうが通じるかも(注:歌津半島のニュー泊崎荘さん)

というわけで、
南三陸町の地元のルール、是非覚えて下さいね。

ここがポイント!


歌津りょう
特定の苗字が多く、苗字だけで呼ばれても誰のことを言っているのかわからないケースが多々あり、町内ではファーストネームで呼ぶのが慣例で、年上へのちゃんづけも珍しくありません。
南三陸あるある。
例:くりこさん、健ちゃん

屋号やお店の名前で呼ぶのも効果的。
例:遊電館さん、津の宮荘さん

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

きのぷー

2010年南三陸町初訪問。震災後もボランティア活動等を通じて地元との交流を重ね、2012年4月より「いいね!南三陸町」をスタート。町内各地を訪ねて見つけた町の魅力を伝えます。

-南三陸の小ツボ
-