Duolingo奮戦記

Duolingo 英語学習記録 Unit2-4 電車の旅

2022年9月12日

Duolingo 英語学習記録 Unit2-4 電車の旅
きのぷー
Duolingo Unit2の4つめのカテゴリは「電車の旅」です。

ここでは、「この電車は〜時に到着します」「切符を〜枚下さい」「観光案内所はどこですか?」と言った、電車(鉄道)での旅に関する表現を中心に学習します。

これまでに登場したカテゴリ同様、構文の基本的な形はシンプルですが、似たような単語の組み合わせがとっかえひっかえ登場してしてきます。

早速いってみましょう!

予めご了承下さい

  • 核になる表現はそのままで、単語や細かな言い回し等が変わることもございます
  • 日本語及び英語の文章表記は、公式の表現をそのまま使用しております
  • 最新の情報につきましては、公式ホームページやアプリをご確認下さい
  • 参考情報としてご利用ください。本情報のご利用に基づくいかなる損害に対しても責任は負いかねます

本ユニットで登場した表現

  • 別の表現例…ここでは、Duolingoで正解扱いとしている別解が設定されているものについて記載しております

きっぷを買う

基本表現

One ticket to A, please!
(A(目的地)までの切符を1枚ください)

Two tickets to A, please!
(A(目的地)までの切符を2枚ください)

出題パターンは、切符の購入枚数は1〜3枚、都市はトロント、ニューヨークのいずれかの組み合わせ

one ticket
1枚の切符(きっぷ1枚)

One ticket to Toronto, please!
トロントまでの切符を1枚ください!

Two tickets to Toronto, please!
トロントまでの切符を2枚ください!

Three tickets to Toronto, please!
トロントまでの切符を3枚ください。

One ticket to New York, please!
ニューヨークまでの切符を1枚ください!

Two tickets to New York, please!
ニューヨークまでの切符を2枚ください!

Three tickets to New York, please!
ニューヨークまでの切符を3枚ください。

電車に関する表現

電車に限らず、鉄道全般でも使えそうです

駅、プラットフォームに関する表現

歩廊の意味での「ホーム」は和製英語のようです


Excuse me, where is station?
すみません、駅はどこですか?

Oh, where is the platform?
あっ、ホームはどこですか?

Excuse me, where is the platform?
すみません、ホームはどこですか?
Ohが頭に付くパターンあり

電車が到着

基本表現

A arrives in B at C.
(列車AはC(時刻)にB(目的地)に到着します)


※時間は複数パターンあり

This train arrives in Toronto at ten o'clock.
この電車は10時にトロントに到着します。

別の表現例:This train will arrive in Toronto at 10:00.

This train arrives in New York at ten o'clock.
この電車は10時にニューヨークに到着します。

別の表現例:This train will arrive in New York at 10:00.

電車が発車

基本表現

The train leaves at XXX o'clock.
(電車はXXX時に発車します。)

The train leaves at one o'clock.
電車は1時に発車します!

電車が遅れている

Yes, that train is late.
はい、その電車は遅れています。

Oh no, the train is late!
うわ、電車は遅れています!
Oh,のパターンあり

電車が遅い

Oh, this train is really slow!
あっ、この電車は本当に遅いです!
Oh noパターンあり

(別の表現例) Oh, this train is really late!
lateだと遅いの意味が変わってしまうのですが、英訳問題だと正解と見なされたようです

This train is slow!
この電車は遅いです!

This train is too slow!
この電車は遅すぎます!

席は空いていますか?

基本表現

Is this seat free?
(この席は空いていますか?)

Is that seat free?
(その席は空いていますか?)

Excuse me, is this seat free?
すみません、この席は空いていますか?

別の表現例:Excuse me, is this seat taken?

急いで!

Oh, hurry!
あっ、急いで!

Oh no, hurry!
うわ、急いで!

Hurry, please!
急いでください!

その他の表現(上記以外)

The next station is Toronto[New York]. 次の駅はトロント[ニューヨーク]です。
Ohが付くパターンあり

This train is really big!
この電車は本当に大きいです!

Yes, this train is really big.
はい、この電車は本当に大きいです。

This train is always late!
この電車はいつも遅れています!

This train is really dirty.
この電車は本当に汚いです

I always take this train!
私はいつもこの電車に乗ります

持ち物に関する表現

スーツケース

Where is my suitcase?
私のスーツケースはどこですか?

Oh, do you have my suitcase?
あっ、あなたは私のスーツケースを持っていますか?

This is my suitcase.
これは私のスーツケースです。

地図

Oh, is this your map?
あっ、これはあなたの地図ですか?

Do you have a map?
Do you have my map?
あなたは(私の)地図を持っていますか?

ガイドブック

My guide book is in your bag.
私のガイドブックはあなたのカバンの中にあります!

Oh, my guide book is in my bag.
あっ、私のガイドブックは私のカバンの中にあります。

My map is in my bag.
私の地図は私のカバンの中にあります。

No, my guide book is red.
いいえ、私のガイドブックは赤いです!

観光案内所に関する表現

※観光案内所:the tourist information centerでもOK

Welcome to Toronto! / Welcome to New York!
トロントへようこそ! / ニューヨークへようこそ!

Excuse me, where is the tourist information?
観光案内所はどこですか?

Is this the tourist information?
こちらは観光案内所ですか?

お手洗いに関する表現

過去の復習を兼ねた表現ですね

Oh no, the restroom is dirty!
うわ、お手洗いは汚いです!

Excuse me, where is the restroom?
すみません、お手洗いはどこですか?
Ohありパターンあり

今回のツッコミ表現

本日のsilly sentences

Oh, there is a cat in the restroom!
(あっ、お手洗いに猫がいます!)

Oh, my dog is in my bag!
(あっ、私の犬は私のカバンの中にいます!)

きのぷー
今回はまだ有り得なくはないシチュエーションではあるけど

Duolingoのユニット2からは、思わず「ん?」となるようなツッコミどころ満載の例文(silly sentences)がいくつか出題されます。

実はこれ、運営側がユーザーの学習目標達成のためにわざと風変わりな文章を出題しているのです。

Duolingoが馬鹿げた文章を出題する理由

【Duolingo】「ふざけた文章が語学学習に役立つ」言語学者が断言する理由はこれ!
【Duolingo】「ふざけた文章が語学学習に役立つ」と言語学者が断言する理由はこれ!

きのぷーDuolingoでは「シャワー室にハンバーガーはある?」「叔母は猫と英語で会話する」と言った、一見ナンセンスな珍問がたくさん存在します。 それも、日本語版だけに限らず、グローバル共通なんですっ ...

続きを見る

公式ウェブサイト

そもそも「Duolingoって何者?」という方は下記リンクをご覧下さい。曰く「ゲーム感覚の外国語学習体験にハマる人続出?!世界で5億人が愛用する外国語学習の定番サイト&アプリです。」とのことです。

Duolingo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

きのぷー

2010年南三陸町初訪問。震災後もボランティア活動等を通じて地元との交流を重ね、2012年4月より「いいね!南三陸町」をスタート。町内各地を訪ねて見つけた町の魅力を伝えます。

-Duolingo奮戦記
-,