昭和53年の志津川

昭和53年(1978年)の志津川の風景(12)八幡橋から望む地元のお店

2013年3月19日

昭和53年(1978年)の志津川の風景(12)八幡橋から望む地元のお店
きのぷー
昭和53年当時の志津川町の貴重な写真の数々をお届けする「昭和53年(1978年)の志津川の風景」シリーズ第12回。

今日の一枚は、八幡橋から望む橋元屋さんと、お隣の菊地電気さん、赤井茶舗さんです。

その後、この川淵が道路拡幅され、歩道となりました。
右下に見える土管の付近には小魚がよく群がっていたそうです。

橋元屋さんの
八幡川で釣ったハゼで出汁をとったラーメンが懐かしい

そんなコメントも頂戴しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

きのぷー

2010年南三陸町初訪問。震災後もボランティア活動等を通じて地元との交流を重ね、2012年4月より「いいね!南三陸町」をスタート。町内各地を訪ねて見つけた町の魅力を伝えます。

-昭和53年の志津川
-, ,